最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「呪術廻戦」143話:もう一度

週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」143話:もう一度のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

脹相と禪院直哉の戦いは、150年以上磨かれ続けた脹相の呪力操作に軍配があがった。
しかし、そこに乙骨憂太が現れ、脹相を一撃で倒してしまうのだった。

最新話ネタバレ『呪術廻戦』142話:お兄ちゃんの背中週刊少年ジャンプで連載中『呪術廻戦』142話:お兄ちゃんの背中のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 主人公、虎杖悠仁は乙...

「呪術廻戦」143話:もう一度のネタバレ解説

芥見下々/集英社

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「呪術廻戦」143話:もう一度の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「呪術廻戦」143話:もう一度の結末

乙骨憂太と禪院直哉の襲撃は収束した。
乙骨は、五条悟に依頼されており、虎杖を助けにきたのだった。
上との縛りのせいで、一度虎杖を殺し、反転術式で復活させた乙骨。
そして、そこに現れたのは伏黒恵だった。
俺を助けてくれと、伏黒は虎杖に言う。
死滅回游という加茂憲倫が仕掛けた死のゲームに津美紀が巻き込まれている、と説明するのだった。

「呪術廻戦」143話:もう一度の登場人物

呪術高専

虎杖悠仁、主人公。宿儺の器。
五条悟、虎杖の恩師。「僕無敵だから」。六眼と無下限術式の使い手。
乙骨憂太、特級呪術師。虎杖抹殺指令を受けている。
祈本里香、乙骨の術式。特級過呪怨霊。

九相図

脹相、主人公のおにいちゃん?、九相図の長男。

禪院家

禪院直哉、特別1級呪術師、横柄関西弁。恵が当主に選ばれ、不満。恵殺すマン。
伏黒恵、主人公の同級生。禪院家当主に繰り上がり当選。

その他

伏黒津美紀、伏黒恵の義理の姉。

「呪術廻戦」143話:もう一度のあらすじ

反転術式

虎杖の死体をひきづりながら現れた乙骨憂太は、
「辛そうですね」
脹相の赤血操術でダウンした禪院直哉を哀れんだ。

(見下ろすなや!)

禪院直哉は内心で毒づくが、脹相(受肉体)の血への拒絶反応で声をあげることもできない。

苦しむ禪院直哉に、乙骨憂太は提案した。
反転術式で、傷を直す代わりに、虎杖の死を、禪院直哉が上に報告してほしい、と。

虎杖の母は加茂憲倫

@回想
虎杖悠仁の父、虎杖仁はまだ赤子の虎杖悠仁をうれしそうに抱きかかえていた。

「あの女だけはやめておけ」
虎杖悠仁の祖父は、仁に言った。

どうやら仁には香織という妻がいたが、子どもをもうけられなかったようである。
香織はもうなくなっていること。
そして、香織の死の原因は、その「女」にあると。

声を荒げていると、
「お義父さん」
その「女」が現れた。

虎杖悠仁の母。

その額には、加茂憲倫、夏油傑と同じ「縛り」の痕があった。

乙骨の真意と伏黒の願い

@廃墟
虎杖が目を覚ますと、暖かさを感じる。
胸は痛くない。
焚き火。
誰かが看病してくれていたようだ。

朦朧とする意識の中、明かりの向こうを確認すると、そこには虎杖の胸に刀を突き刺した、乙骨憂太がいた。

乙骨憂太はそれまでの思いつめた顔からは考えられないような柔和な笑顔で、「よかった~」と涙を浮かべる。

なぜ、虎杖を攻撃したのか。

乙骨憂太は独白した。

9月頃、五条悟が海外に行った際、乙骨の下を訪れ、五条になにかがあれば、代わりに高専の1,2年の面倒を見るように頼まれていたこと。
虎杖の情報を得るため執行人になったこと。

虎杖を殺す「縛り」を結んだため、一度殺す必要があったこと。

「だから一度殺した」
乙骨は淡々と説明した。

「じゃあなんで俺は生きてんだ?」

もっともな疑問である。

間髪入れず、乙骨は答えた。
「反転術式だよ」

縛りはやぶれない。
だから、一度心臓を止め、心臓が止まると同時に、反転術式で一気に治癒した。

これは呪胎戴天(1巻参考)で、一度、心臓を取り出したあと蘇り、死を偽装したエピソードを五条から聞いていたため、できると考えた。

「君は悪くない」
乙骨は虎杖に許しの言葉を与える。

虎杖を救いにきていたのは、乙骨だけではなかった。
伏黒恵だ。

「なにしているんだ」さっさと高専戻るぞ。

当たり前のように、仲間として虎杖を扱う伏黒恵に、虎杖は反目する。
「当たり前のように受け入れるな」なかったことにするんじゃねえ。

それは渋谷事変で、宿儺が行った大量虐殺の罪。
そして、宿儺に生かされているという事実。

自分は存在していいのか。

自己の否定。

いっそのこと、殺して欲しい。
悪人だと罵り、袂を分かってほしい。

だのに。

「まずは俺を助けろ」
と伏黒はある種の呪いを虎杖に告げるのだった。

大事な仲間からのSOS。
祖父との約束。

助けずに死ねるわけもない。

虎杖の目に決意の炎が宿った。

死滅回游

伏黒は続けて説明する。

「死滅回游(しめつかいゆう)」

伏黒の姉、津美紀も巻き込まれている、加茂憲倫の仕組んだ殺し合い。

死のゲームが始まる!

死滅回游ルール超訳

役割

泳者(プレイヤー)
非泳者(ひプレイヤー)
管理者(ゲームマスター)

勝つとどうなる?

死滅回游にルールを1つ追加できる(100点消費)

敗けるとどうなる?

術式を剥奪される。

勝利条件

他プレイヤーの殺害
(術師5点、非術師1点)

敗北条件

死亡。
19日以内に参加を宣誓しない
19日間得点変動がない

参加条件

任意の結界で参加を宣誓

特記事項

死滅回游の永続に支障がある場合、追加ルールは認められない

不明点・疑問点

術式覚醒者以外も、結界内に入れば泳者になる?
参加しなければ、術式を失うだけっぽいが、元々非術師だった津美紀からすれば、デメリットないのでは?
このルールだと最終的には泳者が1になり、そうなったあとは、19日ポイント変動なくなるので、結局術式を失うのでは?

「呪術廻戦」143話:もう一度の感想と考察

五条海外旅行の真実が明らかになりましたね!
遊びに行っているだけじゃなかった!えらいぞ、五条悟!

さすが作者公認最強男(公式ファンブックによると、宿儺よりつよいらしいです)

今回は伏黒が虎杖に語るシーンで、「おまえはそういうさ」からの「オレが隣りにいる限り、ずっと苦しむことになるぞ!!」の下りは、ハンターハンター16巻199話『お前は光だ』のキルアがゴンに語る「眩しすぎる」のシーンのオマージュですね。
小回りとか、表現の仕方そっくりでした。

にしても新しい展開燃えますね!
こういうデスゲーム的な話はやっぱり展開として盛り上がりますよね。

昔でいえば、天下一武道会みたいなトーナメントを入れて盛り上げることがおおかったですけど、最近はやっぱりデスゲームですかね。

昨年アニメでやっていたダーウィンズゲームなんかも今回の死滅回游ににてるかなあ、と思います。

まだ、ルールも謎な部分も多いですが、
だからこそ楽しみですね!

このあと乙骨はどうするのか?
このまま参戦しちゃ無双しちゃいそうなので、離脱じゃないかなあ、とはおもいますけど。

あと気になったのは、反転術式を正のエネルギーのまま(つまり他人に)使えるって知らない人が多いから、って乙骨いってましたけど、禪院直哉につかっちゃったので、禪院直哉にきづかれそうですね。

このまま、また強敵になって戻ってきてくれるのか、あるいは、噛ませ犬のまま、噛ませ犬らしく消えていくのでしょうか。

意図せず、報告に向かう途中、死滅回游の結界に侵入してしまって、泳者に殺される・・・なんて悲惨な最後迎える可能性もありますよね。

はやく続きがよみたいです!

「呪術廻戦」143話:もう一度のまとめ

今回は、週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」143話:もう一度のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ「呪術廻戦」144話:あの場所週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」144話:あの場所のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 乙骨憂太と禪院直哉の襲撃は収...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です