最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「呪術廻戦」144話:あの場所

週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」144話:あの場所のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

乙骨憂太と禪院直哉の襲撃は収束した。
乙骨は、五条悟に依頼されており、虎杖を助けにきたのだった。
上との縛りのせいで、一度虎杖を殺し、反転術式で復活させた乙骨。
そして、そこに現れたのは伏黒恵だった。
俺を助けてくれと、伏黒は虎杖に言う。
死滅回游という加茂憲倫が仕掛けた死のゲームに津美紀が巻き込まれている、と説明するのだった。

最新話ネタバレ「呪術廻戦」143話:もう一度週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」143話:もう一度のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 脹相と禪院直哉の戦いは、15...

「呪術廻戦」144話:あの場所のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「呪術廻戦」144話:あの場所の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「呪術廻戦」144話:あの場所の結末

死滅回游から津美紀を助けるべく協力する虎杖たち。
死滅回游を止めるには、天元に、獄門彊の封印の解き方と、加茂憲倫の目的を確認する必要がある。
天元がいる薨星宮は特殊な術式でたどり着くことは不可能に近い。
しかし、脹相の助言で、天元の下へたどり着くことができたのだった。

「呪術廻戦」144話:あの場所の登場人物

呪術高専

虎杖悠仁、主人公。宿儺の器。九相図10人目。
五条悟、虎杖の恩師。「僕無敵だから」。六眼と無下限術式の使い手。
乙骨憂太、特級呪術師。虎杖抹殺指令を受けている。
祈本里香、乙骨の術式。特級過呪怨霊。
禪院真希、2年。フィジカルギフテッド。
九十九由基、特級術師。天元と関係を匂わせている。

九相図

脹相、虎杖公認お兄ちゃん。九相図の長男。

禪院家

禪院直哉、特別1級呪術師、横柄関西弁。恵が当主に選ばれ、不満。恵殺すマン。
伏黒恵、主人公の同級生。禪院家当主に繰り上がり当選。

その他

伏黒津美紀、伏黒恵の義理の姉。
加茂憲倫、歴代最悪の術師。加茂家の汚点。いまは夏油の身体を使っている。本体は不明。

「呪術廻戦」144話:あの場所のあらすじ

死滅回游を止めるために

虎杖悠仁は、伏黒恵に、「お前の力が必要だ」と、助力を願われた。
死滅回游。
加茂憲倫が用意した死のゲーム。
それに、伏黒恵の姉、津美紀が巻き込まれているからだ。

(人を助けろ)

祖父の末期の言葉。

虎杖は決心した。

そして、もし自分がまた宿儺に乗っ取られた場合は、殺すよう乙骨へ依頼する。

乙骨は死力を尽くすと了承する。

とはいえ。

「なにをしたらいいんだ」

虎杖は、伏黒に確認する。

伏黒は答えた。

高専へ戻り、天元と接触し、以下の2点を知ることが必須であると。

獄門彊の封印の解き方
加茂憲倫の目的

この2つについて、天元は答えをもっているらしい。

方法としては妥当だが、問題がある。

乙骨憂太は言う。
「問題は天元様の”隠す”結界なんだ」

1,000以上ある扉のうち1つが天元のいる薨星宮につながるのだと。
確率は1000個の扉から正解のひとつを見つければいいのではない。シャッフルされるため、1000分の1を毎回試行させられるんだ、と。

つまり、リゼロのベアトリーチェの禁書庫と同じ仕組みですね。

しかし、それに対策があると、脹相。

真人が以前、呪胎九相図を盗み出したときと同じことをすればいい。

なるほど、道理を得ているし、高専側では知り得なかったアプローチだ。

脹相、お兄ちゃん。

役に立つじゃあないか。

そして、会話の中、釘崎野薔薇の安否を虎杖は、伏黒に確認した。
作者の意地悪で、読者へは回答を示されなかったが、虎杖は、ぐっと手を握り「わかった」と答えた。

薨星宮への行き方

高専にたどりついた虎杖たち。
そこで、九十九由基と禪院真希と再会する。

禪院真希は長髪が短髪になり、顔の半分は焼きただれ痛々しい姿になっていた。

反転術式でも痕は消えないらしい。

挨拶も終わり、本題。

脹相から、天元の下へ行く方法を提示する。

仕組みはこうだ。

正解の扉から薨星宮までのつながり

扉>>>忌庫>>>薨星宮

忌庫には、呪胎九相図が6つ保管されている。

つまり、脹相は忌庫につながる扉がわかる。

よって脹相が選んだ扉の先に、薨星宮、天元がいる。

お兄ちゃん有能。

そして、そんな有能なお兄ちゃんにご褒美があった。

禪院真希が言う。
「こいつはだれだ?」

虎杖は「オレの兄貴ってことで」と答えるのだった。

これほどのご褒美があるだろうか。

ブラコン脹相。

「悠仁!!!!!!!!!!!」

と大興奮して叫ぶのだった。

全知の術士その名は天元

薨星宮をめざす虎杖たち。
脹相の提案は成功し、正解の扉を引き当てる。

忌庫に「あとで迎えに来る」と別れを告げ、先に進む。

薨星宮に続く昇降口を降りると、血痕。
11年前の伏黒甚爾との戦いを思い出す九十九。
九十九の心中を他に知るものはなかった。

本殿につく。
しかし、世界は白い。なにもない。

九十九は内心で思う。

(わたしが拒絶されている?)

「見通しがあまかった」

遭うことを断念し引き返そうとすると、
「かえるのか?」

ウルトラマンのダダ星人のような生物がそこにはいた。
「禪院の子、道真の血、呪胎九相図、そして宿儺の器」

とてもひとには思えぬ容姿。
両面宿儺のようによっつある瞳。

全知の術士「天元」その人であった。

「呪術廻戦」144話:あの場所の感想と考察

天元ってこんな顔だったんですかー!!!!
っていうか、人間に見えないですね。
呪いに見えます。
そして、ウルトラマンのダダ星人に似てますし、宿儺の昔の絵のように目4つありますね。
九十九と天元の関係も気になりますし、気になることといえば、
偽夏油、加茂憲倫の他人に身体を移す術式って天元の術式に似てますよね?
天元も身体を乗り換えることで生き続けるという父子ですし。
呪胎九相図、残りの兄弟は日の目を見ることはあるのでしょうか。

あと2年程度で終わらせる予定という作者の言葉どおり、
おもったよりもすごい勢いで展開してますね。

引き伸ばし感なくて個人的にはうれしいです。
ただ、登場人物があまり増えていないので、世界観的な膨らみ的にはもうすこし膨らましてくれても
うれしいかなあ、と思います。

次回もたのしみですが、次号は休載のようです。

早く続き読みたいですね!

「呪術廻戦」144話:あの場所のまとめ

今回は、週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」144話:あの場所のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ「呪術廻戦」145話:裏週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」145話:裏のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 死滅回游から津美紀を助けるべく協力...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です