最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「呪術廻戦」145話:裏

週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」145話:裏のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

死滅回游から津美紀を助けるべく協力する虎杖たち。
死滅回游を止めるには、天元に、獄門彊の封印の解き方と、加茂憲倫の目的を確認する必要がある。
天元がいる薨星宮は特殊な術式でたどり着くことは不可能に近い。
しかし、脹相の助言で、天元の下へたどり着くことができたのだった。

最新話ネタバレ「呪術廻戦」144話:あの場所週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」144話:あの場所のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 乙骨憂太と禪院直哉の襲撃は収...

「呪術廻戦」145話:裏のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「呪術廻戦」145話:裏の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「呪術廻戦」145話:裏の結末

天元に遭うことができた虎杖たち。
黒幕の正体が羂索という1000年前の結界術師であることを知った。
彼の目的は天元と人類を同化させ、強制進化させることだという。
虎杖たちは、獄門彊から五条悟を救うため、天元から託された獄門彊裏の術式を破壊するため、死滅回游泳者の来栖華を探すこととなった。

「呪術廻戦」145話:裏の登場人物

呪術高専

虎杖悠仁、主人公。宿儺の器。九相図10人目。
伏黒恵、主人公の同級生。禪院家当主に繰り上がり当選。
五条悟、虎杖の恩師。「僕無敵だから」。六眼と無下限術式の使い手。
乙骨憂太、特級呪術師。虎杖抹殺指令を受けている。
禪院真希、2年。フィジカルギフテッド。
九十九由基、特級術師。天元と関係を匂わせている。

九相図

脹相、虎杖公認お兄ちゃん。九相図の長男。

死滅回游泳者

来栖華、1000年前の術師。術式無効化の術式を持つ。「天使」を名乗っている。
伏黒津美紀、伏黒恵の義理の姉。

その他

羂索、加茂憲倫、夏油の本体にして、黒幕。
夏油、羂索の今の器。
加茂憲倫、歴代最悪の術師。加茂家の汚点。過去の羂索の器。
祈本里香、乙骨の術式。特級過呪怨霊。

「呪術廻戦」145話:裏のあらすじ

黒幕の正体

天元と会いに行こうと薨星宮を目指した虎杖たちは、天元に遭うことに成功した。

九十九由基と天元は顔見知りで、天元が薨星宮を閉じた理由は、九十九由基だった。

天元は言う。
「羂索にキミが同調していることを警戒した」と。

人の心まではわからないから。

天元もなんでも見通せるわけではないそうだ。

そして
死滅回游の黒幕にして、夏油の身体を乗っ取っている術師の名が判明した。

羂索。

慈悲の羂
救済の索

「皮肉にもなっていない」と九十九は笑った。

それから、各々天元に質問した。

虎杖は天元の見た目について訊いた。
どうみても人間には見えない見た目。

天元は言う。
「キミも500年おいればこうなるよ」

そして、11年前、星漿体との同化に失敗し、老化が加速、自我は消え、天地そのものが天元の自我となったと。

そのやりとりから九十九はひとつ答えを得た。

彼女は、星漿体が別にもいたのではないかと推測していたが、そうではなかったということだ。

「どおりで、声がふえないわけだ」
つまり、同化すると、声がふえるということなのだろうか。

続いて、伏黒と乙骨が訊く。
羂索の目的と、獄門彊の封印のときかただ。

天元は答えるが、と前置き、条件を出した。

自分の護衛に2人残るように、と。

天元の語る真実

天元の語った事実はこうだ。

・羂索の目的は、人類の強制進化
・手段は、人類と天元の同化
・天元は同化を拒否できない。呪霊操術の対象だから。
・天元、星漿体、六眼は因果でつながっている
・同化の日には、必ずその三者が揃う
・それは殺害しても同様だった
・だから、殺害ではなく、封印することにした
・六眼持ちは同時にふたりあらわれない
・その因果を呪力から脱却した禪院甚爾が破壊した
・そして、天元を操る呪霊操術の夏油と、獄門彊が羂索の手にわたった。

・死滅回游は、人類と天元の同化の成功率をあげるために、行われている
・死滅回游は、プレイヤーが全員死ぬまで終わらない。

それら事実から、乙骨は答えを見出した。
自分たちが死滅回游に参加し、消極的な人が回游を抜けるルールを追加する、ということだ。

これで津美紀が助かる。

そう考えているようだが、津美紀が消極的でないなら、どうなってしまうだろうか・・・。

次に獄門彊の解放手段。
天元は、護衛に九十九と脹相が残ることを確認すると、
獄門彊裏を持ち出した。

羂索がもっているものが、表で、門の開け締めは、表の所有者にある。
しかし、裏の術式を破壊できれば、裏からでも中身、つまり五条悟を取り出すことができるのだという。

術式破壊。

「天の逆鉾」「黒縄」

この2つの呪具なら可能であったが、どちらも五条悟が何の因果か破壊してしまっている。

ミゲルと乙骨が海外にいっていたのも、この「黒縄」を探してのことだったが、1本ものこっていなかったとうことだ。

天使

打つ手なし。

かといえば、そうではない。

死滅回游の泳者に「来栖華」という天使を名乗る千年前の術師がおり、彼女は、あらゆる術式を消滅させることができるのだそうだ。

「呪術廻戦」145話:裏の感想と考察

とうとう黒幕の正体が判明しましたね!
羂索。
これもなんか由来は仏具っぽいですね。
今回気になったのは以下の点です。

・500年老化すれば、キミもこうなる
→君たちではなく虎杖にむけて「きみ」と言っている、なぜ?

・追加ルール案が不安
→津美紀がもし、消極的でなかったとしたら、解決方法にならなくなる。津美紀が自身の判断で、死滅回游しているとしたら・・・。

・五条悟は、どこまで知っていて、何を思っているか
→渋谷事変のときのセリフも気になる。最強男はけっきょくすべて予定調和とれているような素振りがある。
→だとしたらなぜ?

・天元が語る羂索の目的が本当なら「宿儺」はなぜ協力する?
→宿儺の好物は「人間」。人間が人間でなくなり、人間が減るような行為になぜ協力するのだろうか。

「呪術廻戦」145話:裏のまとめ

今回は、週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」145話:裏のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ「呪術廻戦」146話:死滅回游について週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」146話:死滅回游についてのあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 天元に遭うことができ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です