最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒り

「七つの大罪」鈴木央先生の新連載!

週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りのあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

ナシエンスとともに木霊の谷を助け、和解したパーシバル。
巨人シスターのドロレスと妖精たちも加え、大団円を迎えていたかのように思えたが、また森が浸食される。
犯人は、化物になったオルドだった。
パーシバルとナシエンスは共闘し、オルドを元に戻すため闘うことを決意した。

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」10話:心踏みにじりし者「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」10話:心踏みにじりし者のあらすじをネタバレ解説しま...

「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りのネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りを解説します。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りの結末

オルドを化物にした犯人が判明した。
琥珀の騎士タリスカー。
アーサー王の配下のひとり聖騎士だった。
オルドを基に戻させるため戦いを挑むパーシバルたちは、苦戦を強いられ絶望的な状況下で、
パーシバルの魔力が覚醒するのだった。

「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りの登場人物

パーシバル、主人公。じいじの兜をかぶっている。
ドロレス、巨人尼。七つの大罪ディアンヌの親友。
ナシエンス、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)。キングとディアンヌの子。
シン、キツネ。呪言玉をつかう。
ドニー、念力使い。オールバックロング。カッツ大道芸一座の一員。
オルド、ナシエンスのじいじ。化物の姿に・・・。

聖騎士
イロンシッド、主人公の父。主人公の祖父を殺した。十字を切る技を使う。
ぺルガルド、黒の騎士。イロンシッドの同僚。
タリスカー、琥珀の騎士。アーサー王の配下の聖騎士。

「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りのあらすじ

木霊の谷を回復させたパーシバルたち。
しかし、またすぐに谷は瘴気で汚染された。

犯人は、オルド。
ナシエンスの義理の祖父であった。

オルドを戻すためにどうしたらいいか。
考えていると、「元凶をつぶしゃいい」と狐のシンが助言する。

ドニーが元凶であると見られる黒妖精を撃ち落とそうと、矢を放つがひとつもあたらない。
「矢がきれた」と嘆いていると、

ドュ

黒妖精の頭を貫く一本の矢。

誰が撃ち抜いたのか。
誰もわからない。
同様するパーシバルたち。

しかし、狐のシンだけは冷静だった。
「それより」アレを見ろと言った先に視線をやると、オルドが停止していた。

喜ぶパーシバルたち。
しかし、喜びもつかの間。

聖騎士が上空に現れる。

黒妖精は、その聖騎士の傀儡だったのだ。

琥珀の騎士タリスカー。

彼が木霊の谷の汚染を企てた本人であった。

「オルドを戻す方法を教えてくださ」
ナシエンスは敵に頼むこともじさず、オルドを救おうとする。

「吾輩を倒すことができたら、もとにもどしてやってもいい」
琥珀の騎士タリスカーは言う。

ナシエンスはタリスカーの挑発に乗り、
魔力を込めた短剣で、攻撃をしかける。

付呪「麻痺毒(ヒヨス)」「睡眠毒(ペラドンナ)」

その姿に、タリスカーは感嘆する。
変性型と付呪型の2つの魔力保持者は珍しい存在であるようだった。

パーシバルも参加しようとするが、こんなときに限って魔力が発現しない。
どした英雄型。

「その気持だけでもうれしいです」
ナシエンスはひとりタリスカーに立ち向かう。

すると

「雹爆撃(ヘイルインパクト)」

タリスカーは虚空に巨大な雹をいくつも出現させ、ナシエンスを襲う。
危機一髪、パーシバルがナシエンスを救ったとおもったやいなや、
オルドが追撃。

それもパーシバルは身体で受け止める。

そして、「説得」を試みる。

オルドは怪物の姿ながら、その目に人の理性を取り戻したかのようにみえた。

その様子にタリスカーは怒り、「まとめてあの世に送ってやる」
また魔力を発動する。

「雹爆撃(ヘイルインパクト)」

「ここまでか、しかたねえ」シンはそれに対して奥の手を披露しようとしたとき、パーシバルは雄叫びをあげ、オチてくる雹をすべて撃ち落とす。

身体はもうボロボロだった。
それでも、ナシエンスにオルドを基に戻せる、ぼくを信じてと、鼓舞するパーシバル。

「付き合ってられん」
タリスカーが3発目の攻撃をしかけようとしたとき、
パーシバルを大量の魔力が包み込むのだった。

「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りの感想と考察

パーシバル覚醒!
パーシバルの魔力の覚醒条件については、いろいろ考察の余地がありますよね。
勝手にずっと聖杯説を唱え続けているので、早く答え合わせしたいですが、以降とくに
それを進展させる情報はないです。

オルドも、復活してほしいですが、
元に戻すって敵キャラがいうと、どうしてもロマサガの「死ぬ瞬間だけ、すこしだけ元にもどる」みたいな話が頭をよぎってしまいます。

そうならず、オルドもちゃんと復活してくれることを切に願います!

「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りのまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」11話:パーシバルの怒りになるについてまとめました。
あらすじを読んで気に入ってくれた方は、ぜひ、マンガでも読んでくださいね!
アーサー王の伝説について豆知識あればコメントくれるとうれしいです!

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」12話:IT'S SHOW TIME!!「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」12話:IT'S SHOW TIME!!のあらすじを...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です