ネタバレ考察

「黙示録の四騎士」ランスロットについて人物紹介と考察

この記事は週刊少年マガジンで連載中! 七つの大罪鈴木央先生の新作にして続編!
「黙示録の四騎士」について考察・妄想した記事です。

「黙示録の四騎士」ランスロットについて人物紹介と考察

黙示録の四騎士のランスロットについて紹介したあと、アーサー王伝説のランスロットを紹介します。

黙示録の四騎士のランスロットとは

講談社

黙示録の四騎士に出てくるランスロットは、
七つの大罪、強欲のバンと「泉を守る聖女」エレインの間に生まれた男子です。

七つの大罪の2020年8月5日特別読み切りに登場しました。
メリオダスとエリザベスの子どもであるトリスタンとの喧嘩で、額に怪我を負い、それ以来「他人の心が読める」能力を得たとのこと。

講談社

最後には、雨の中声の招きに誘われ、姿を消しました。
数年後「湖の王子」と呼ばれ姿を現す予定。

アーサー王伝説のランスロットとは


ベンウィックの王であるバンと王妃エレインの息子。
アーサー王の円卓の騎士の1人。「湖の騎士」と呼ばれている。
席次は不明。
湖の姫「ヴィヴィアン」にさらわれ、育てられ優秀な騎士になり、アーサーの円卓入りする。

後に、アーサーの妻であるグウィネヴィアと恋仲になり、アーサーを裏切る。
その際、「太陽の騎士」ガウェインの兄弟を殺害し、ガウェインの憎悪の対象となる。

ランスロットの離反が、モードレッドの謀反の機会を作ってしまったため、アーサー王の没落の根本的原因を作った人物として有名。

『黙示録の四騎士』ランスロットについて考察

七つの大罪の主人公たちの子ども世代であり、特別読み切りまで作られているので、『黙示録の四騎士』のひとりである可能性は高いでしょう。

他の黙示録の四騎士候補については、以下の3人だと思います。

トリスタン(メリオダスとエリザベスの子ども)
ガウェイン(エスカノールと同じ能力)
モードレッド(アーサーを殺害、あるいは致命傷を追わせた甥あるいは息子)

ネタバレ考察「黙示録の四騎士」の四騎士とは誰?始まったばかりだけで予想!!!この記事は、週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」で予言された、アーサーを滅ぼす四騎士とは誰のことか! について考察します。 ...
黙示録の四騎士「七つの大罪子ども世代が黙示録の四騎士説」について考察「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』の黙示録の四騎士は誰かについて、考察します。 ...

聖杯によって癒やされるというエピソードもあるため、
敵の呪い→ガウェイン(仲間)の兄弟を殺害→聖杯で呪いを解かれる
その聖杯は、主人公パーシバルが探索して見つけたもの(あるいはすでに手に入れているもの)を利用する・・・という流れを妄想します。

「黙示録の四騎士」パーシバルはすでに聖杯を手に入れている説この記事は週刊少年マガジンで連載中! 七つの大罪鈴木央先生の新作にして続編! 「黙示録の四騎士」について考察・妄想した記事です。 ...

ガウェインの兄弟を殺し、アーサーの妻グウィネヴィアを奪ったランスロットは、
まさに「強欲の罪」ですね。

『黙示録の四騎士』ランスロット人物紹介のまとめ

アーサー王伝説では超重要人物!
行方不明→「湖の王子」の流れはほぼアーサー王伝説そのまま。
アーサーを裏切り、聖杯に助けられるという逸話を持つ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です